ヤングゴールドカードの審査

ヤングゴールドカードとは?

ヤングゴールドカードとは、20代向けに発行されるゴールドカードのことです。

通常のゴールドカードの審査基準が「年齢30歳以上、年収500万円以上」とハードルが高かったことから、少し基準を緩くして取得しやすくしたものになります。

しかし、最近ではゴールドカードの審査基準は低くなりつつあり、20代でも取得が可能なゴールドカードが増えてきているのも実情です。

ヤングゴールドカードの特徴としては、やはり年会費が安くコストパフォーマンスが高いということです。20代前半の方や年会費を安く抑えたい方などには、特にヤングゴールドカードがオススメと言えるでしょう。

ヤングゴールドカードの審査について

ヤングゴールドカードの審査基準は、基本的には「20歳以上、安定した収入がある方」というところがほとんどです。中には、MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのように、18歳から持つことが出来るカードもあります。

年収については、ほとんどが「安定した収入」となっており、具体的な年収については記載されておりませんが、中には「年収200万円以上」と、具体的に記載されているところもあります。

また、審査クリアのポイントとして「カード決済をよく利用する」ということもあります。年齢・年収は審査基準をクリアしているのに、普段現金での支払いがメインでカード決済を利用していないということから審査に落ちてしまった、というケースもあるようです。

もしも審査に落ちしてまった場合は、まずは一般クレジットカードを申し込みましょう。一般クレジットカードを利用し、遅延することなく支払いをしっかり行っていれば、クレジットカード会社にとって大きな信用の証となります。